ハイサイド

竜ヶ瀬の出口。
水が少なくなると、ハードスタックしてしまう難所。
水路が50センチ幅しかありません。
いいタイミングで、みんなの体重を片側に思いっきり寄せて、ボートの片輪走行をさせる。
ナーーーイス!

みなかみのラフティングガイドは、激流でも水の少ない川でも、巧みにひょいひょいと操船できるんです。
修学旅行などの学校旅行シーズンでは、全国のラフティング会社から出張ガイドを頼まれます。
そのなかで、みなかみガイドは重宝されているんですよ笑