ラフティング:関東>水上 ジャグスポーツ!|ラフトボートの構造

JugSports!kantou_rafting

ラフティングなら、ジャグスポーツ!

トップページ >ラフトボートの構造

ラフティング:関東>水上

ラフティングの予約詳細

ラフティングの安全講習

水上ラフティング
リンク集

予約受付
予約 問合

ラフティングボート各部位名称

ラフトボート

ラフティングボート各部位説明

ドット バウ(船先)
ボートの先 熱めの参加者は、バウ側シートがオススメ。大波をいただけます!
ドット スターン(船尾)
ボートの後部 ガイドはスターン側に座り、参加者に指示を出します。
ドット アウターチューブ
外側のO型チューブ 参加者は外側のチューブ上(グレーライン)に座ります。内側のスウォートに座ると、パドルが水に届かない。アウターチューブ内は、4気室に分かれており、1気室がパンクしても残り3気室で航下可能。
ドット スウォート
ボート内の3本横にはいっているチューブ  ボートの強度を高めている。参加者はこのチューブの下に足を突っ込み、落ちないようにバランスをとる。スウォートの別名はチキンシート。ビビリーは水が怖いのか、徐々にチキンシートにお尻をずらせていく傾向がある。(笑)ビッグウェーブを超えていくには、全員漕ぎの協力が必要。チキンシートに座り漕いでたら、超えられる波も超えられないよ!気合だ〜(笑)
ドット フロア(船床)
ボート内の床  床には水抜き穴があいています。セルフベイラーシステムといって、波によりボート内に入ってくる水を、自動的に船外に排水する仕組みになっています。
ドット セイフティーロープ
ボート周りにはってあるロープ  落水しないように掴むためのロープ。ガイドから「つかまって!」の指示が出たときはすぐにつかまって下さい。また川からボートにはい上がるときにも使います。

ラフティング
予約・問合せ

ジャグスポーツ!

関連ツアーサイト

ラフティング
ツアー会社

ジャグスポーツ!
〒379-1725
群馬県利根郡
みなかみ町綱子145-1
TEL:0278-72-3372
電話受付 8:00〜22:00
fun@jugsports.com