ラフティング:関東>水上 ジャグスポーツ!|セイフティートーク

JugSports!kantou_rafting

ラフティングなら、ジャグスポーツ!

トップページ >セイフティートーク

ラフティング:関東>水上

ラフティングの予約詳細

ラフティングの安全講習

水上ラフティング
リンク集

予約受付
予約 問合

セイフティートーク(ラフティングの安全講習)

セイフティートーク ラフティング前に必ず受ける「セイフティートーク」を聞きましょう。下記は大まかな講習内容です。
1. 落ちた人を助け上げる
2. Whitewater Floating position(川の流され方)
3. レスキューロープにつかまる
4. リバーサイン
助ける 1. 落ちた人を助け上げる
ラフティングボートから落ちた人をボートの上にひき上げるときは、基本的に相手の腕を引っ張らないようにしよう。脱臼など思わぬ怪我の原因になりますから、ひき上げるときはライフジャケットの肩口を持って、ひき上げましょう。
落ちた相手がボートから離れてしまったときは、すばやく自分のパドルを差し出してあげる。パドルの差し出す方はつかまりやすいTグリップのほうを。
ディフェンシブスイム 2. Whitewater Floating position(川の流され方)
  ボートから川に落ち、流されてしまった
足を下流に向け水面に上げる。足を水面に上げることは、重要。水中の障害物に足をとられたり、ぶつけたり、思わぬアクシデントを引き起こす原因になります。
その次、仰向け(背泳ぎ)で流される姿勢をすぐにとりましょう。 水流を背中に当てることで、水の抵抗を緩和し、そのうえ浮力を増すことができる。
レスキューロープ 3. レスキューロープにつかまる
ガイドは、レスキューロープを投げるときは、必ず投げる合図を出します。その合図の返事してあげましょう。
ロープが飛んできたら、手でシンプルにつかむこと。手や肩に巻きつけることはダメ。
ロープをすぐリリースできないつかみ方だと、火傷や脱臼、水中に引き込まれるなど、思わぬアクシデントを招きます。
リバーサイン 4. リバーサイン
ラフティングで下るような急流の川の上だと、水の流れる音で声が遠くまで届かないときがあります。そのときはリバーサイン(手信号)を使います。いろいろなリバーサインがありますが、みなさんに覚えてもらいたいのは「OKサイン」です。
怪我はないですか?理解できましたか?などのときに使います。手の先を頭につけ丸の形を作ります。ダブルでするとウッキーサインになり、別の意味になるからご注意を。
エンジョイラフティング 内容はごくシンプルなものです。
ラフティング前に必ず受けるもので、万国共通のセイフティートークです。
「こういうときはどうすればいいの?」などなど、お気軽に担当ガイドにお申し付けください。
レッツ エンジョイ ラフティング!

ラフティング
予約・問合せ

ジャグスポーツ!

関連ツアーサイト

ラフティング
ツアー会社

ジャグスポーツ!
〒379-1725
群馬県利根郡
みなかみ町綱子145-1
TEL:0278-72-3372
電話受付 8:00〜22:00
fun@jugsports.com